二重ばかりが女性じゃない

ナチュラルメイクは薄いだけじゃない

2017年09月05日 15時15分

ナチュラルメイクは、細い線でなるべく化粧を全面に押し出さない自然なものですが、
それは二重まぶたの人にだからこそ言えることです。

それ以外の瞼まぶた方は細い線だとなにも見えずすっぴんと同じようになる、
まったくぱっちりした目にならないといった状態になり、
ナチュラルメイクを勉強して実践しても残念な結果に終わってしまいます。

二重まぶたの人がしっかりとメイクするとそれだけ目が大きくなり、
派手すぎる目にもなる場合がありますがそれ以外の方は
ちょっとやり過ぎくらいがちょうどいい、といった感じになりやすいです。

まつ毛一つでも、二重の場合まつ毛が根元からきっちり伸びているように見えるので
あまり考えずにそのままでつけまつ毛マツエクを考えられます。

ですが一重の場合、奥の方に入り込んでしまうまつ毛も考えたうえで選ぶ必要があります。

そのため、ナチュラルメイクだとしてもすこし派手な方が映える方も多いのです。

特に、二重の方がつけるとしっかりしすぎるくらい濃いものは
一重の人にはいいデカ目効果をもたらしてくれます!

アイラインも正面から見てちょうどいいくらいまでしっかりひいて、
ナチュラルメイクなどちょうどいい感じに見えるのです。

よく雑誌に載っている化粧と違い、一重や奥二重の方は化粧方法がまるで違います。

鏡を見てちょうどいい印象、それが一番の答えと言えるでしょう。


まつ毛メイクのときも同様で、ちょっと濃すぎるまつ毛を付けても
二重の方とは違いケバすぎるなどの印象はもたれにくいです。

アイラインと合わせると濃すぎる場合もあるかもしれませんが、
インサイドラインだけで あとはパウダーアイライン
利用した抜け感のある目元を作ることもできます。

ナチュラルメイクは塗る量を減らせばいいというものではありません、
しっかり塗って自然な大きい目元を作り出すのがナチュラルメイクとして考えると
アイラインもまつ毛もちょっとやり過ぎくらいがちょうどいいといった
一重の方、奥二重の方もおられるのではないでしょうか?

一般的なメイクではなく、鏡を見てしっかり研究すると自分の一番魅力的な美容法に出会えますよ。